3万人の薄毛を救った育毛博士直伝!育毛に効く習慣7選

CATEGORY /
健康, 発毛
TAG /
, , , , ,

シャワーするたびに抜ける髪…排水溝にばかり溜まる髪…抜け毛で悩むこと12年の育毛ライター守谷です。育毛剤・マッサージなどなど、試せる育毛対策はほぼやり尽くした筆者。しかし最近、テレビ番組で救世主、もしくは"髪様"とも言える育毛博士に出会った。

育毛博士こと”3万人の薄毛を救ったゴッドハンドと呼ばれる板羽忠徳先生。全国理容連合会の名誉講師で理容歴49年の板羽先生は、現在69歳。今まで数多くのテレビ番組に出演し、著書は海外でも出版しているのだとか。この説得力の理由は、先生自身の髪の毛がフサフサすぎること!これが20年前の同窓会との比較写真なのだが…


出典:www.ligoo.jp

ちょ、すごいwww 20年前よりも髪がフサフサになっている!!同級生と比べると違いは明らか。これを見て衝撃を受けた筆者は、この育毛博士直伝の育毛法を実践してみることにした。あらゆる方法を試しつくしたわけだが、違いは出るのだろうか…。

3ヶ月前:つむじが特に気になる。髪を手で触ると、ペタッと地肌をさわっているような感覚。

↓↓↓

現在:髪を触ると、以前よりもフワッとした感覚がある。つむじが少しだけ小さくなってきた気がする。

写真をとった角度が微妙に違うのだが、髪をかきあげたときの感触がまるで違う。ボリュームが増したというと言い過ぎかもしれない。でも生え際に明らかに産毛が生えてきている。今回は、育毛博士の著書やテレビ番組を参考にしながら実践した育毛法7選を紹介したい。これは今まで何をしても生えなかったという人こそ、一見の価値があると思う。試してわかったが、日頃の小さな生活習慣の積み重ねが、薄毛・脱毛の原因になってしまっている。「チリも積もれば山となる」ではないが、毎日の習慣こそが育毛には欠かせないことがわかった。

1、ほどよい温度の湯船で血行促進!


板羽先生の出演したテレビ番組を見ると、繰り返し言われているのが「発毛には血流改善が大事」だということ。血が頭皮を巡らないと、発毛するのに必要な栄養分が届きにくくなってしまうそう。せっかく育毛剤を使っても、血流が滞っていると、効果が出なくなってしまうのだとか。血流を改善する基本的な方法として考えられるのが、湯船に浸かること。ベタだが、これが一番だと思った。たとえば38度から40度位のぬるめのお湯にゆっくり浸かると、リラックス効果も高くなる。ハゲてしまう原因のひとつにはストレスがあるため、1日の疲れを癒すために湯船に浸かるのはとても効果的なのだ。


出典:kneipp.jp

血行促進に良い入浴剤を探してみたところ、クナイプのジンジャー&ソルトのバスソルトが良いらしい。(女子か!)確かにこれを入れて湯船に浸かると、汗をかきやすくなる気がする。10分も浸かれば汗ダラダラ。頭皮の毛穴がじんわり開いている感じがしておすすめだ。

2、運動やマッサージで血行促進!入眠効果も


血流改善といえば、運動。しかも発毛に欠かせない成長ホルモンは運動後に増加するらしい。それだけでなく、脱毛ホルモンと呼ばれる「DHT」は運動して汗をかくことで体外へ排出される。とはいえ…運動する習慣がないという人も多いのでは?実際、筆者は運動が苦手である。そんな人には、マッサージが良いらしい。実際、シャンプー時に行うマッサージは育毛博士も推奨していた。

薄毛になってしまう人の多くは、洗髪のときにゴシゴシ洗いすぎて、平均55本もの髪の毛が抜けてしまうのだそう。そのときに、せっかく新く生えてきた「新生毛」まで一緒に抜けてしまうのだとか。そこで板羽先生は「髪様シャンプー」という両手をつかって、強く刺激を与えすぎないシャンプーのしかたを紹介していた。一度シャワーで髪を2分ほどすすいだら、あとはシャンプーをよく泡立てて、手をカニのようにし、生え際から頭頂部にかけてゆっくりとマッサージして動かすらしい。特に頭頂部は筋肉がないため、外からの刺激を与えなければ、血流が改善することはないそう。実際薄毛が気になるのも頭頂部だったので、ここは念入りにマッサージすることにした。

3、ビタミンC・タンパク質・亜鉛をなるべく食べる!


そして当たり前だが、髪の毛をつくるためには栄養が必要だ。ダイエットすると髪が抜ける人がいるように、食べものは何より重要なのだ。特にタンパク質は、髪の毛をつくる「ケラチン」の主成分。頭皮をつくる成分でもあるため、積極的に摂りたい。タンパク質の合成を促す、ビタミンCミネラル(亜鉛)も欠かせない。案外知られていないのだが、ビタミンCは、育毛を促す頭皮のコラーゲンをつくる。薄毛をもたらす、髪の毛の老化もビタミンCは食い止めるため、育毛には欠かせない成分と言えそうだ。

4、食べすぎは、デブとハゲの元凶!?


食べ物が大事だからと言って、食べ過ぎは厳禁!消化活動には思った以上に体力を使う。そのため食べてすぐに寝ると、寝ながら胃や臓器が働き続けるため、良質な睡眠が摂りづらくなる。睡眠不足が続くと風邪を引きやすくなったり、疲れが溜まるように、それは髪にとっても良くない。頭皮に受けたダメージは睡眠中に修復するが、それが行われず、髪が抜けたり、白髪になってしまったりするのだ。いっぽうで食べずに寝ることも、良質な睡眠を妨げる。発毛のためには、寝る3時間前に夕飯を済ませるようにしたい。

5、AM2時までの育毛ゴールデンタイムに絶対入眠!

もともと筆者は残業が多い。終電帰宅はザラで、帰ったらゲームしたりテレビ見たりして、寝るのが深夜になることも。しかし!これこそがまさに薄毛の原因なのだそう。よく睡眠中に成長ホルモンが分泌されると言うが、日中の頭皮ダメージも睡眠時に回復するのだそう。とくに最も成長ホルモンの分泌が活発になる、午後10時~午前2時の”育毛ゴールデンタイム”にしっかり睡眠をとることが発毛のカギになる。毛母細胞が活発に働き、新陳代謝が促されるんだとかストレスで増えるAGA(男性型脱毛症)の原因「DHT」も、睡眠によって減少するそう。


出典:kao.com

そんなわけで筆者は、今まで残業していた仕事を午前中に詰め込む工夫をした。どうしても眠れないときは、蒸気でホットアイマスクをつけて寝るようにしたところ、比較的入眠しやすい気がした。日頃疲れがちな目を休めることにもなり一石二鳥だった。

6、自分に最適な睡眠時間を見つける!


育毛には睡眠が大切であることはわかったが、きちんと長時間睡眠を取れている人は、少ないのでは?実は筆者は日によってバラバラだった。しかし適切な睡眠時間は、年齢や体調によって変わる。睡眠時間が短くても、日中の活動に問題なく、昼間に眠気を感じたりしなければ、それが自分に合った睡眠時間になるというわけだ。自分に最適な睡眠時間を見つけると、仕事もはかどる気がした。

7、「寝ながら育毛」で睡眠時間もムダにしない!


そして最後にこれが一番重要。寝ながら育毛!これはつまり、寝る前に育毛剤をつけること。単なる育毛剤ではダメで、効果が持続するタイプの育毛剤を寝る前につけることで、睡眠中の数時間も育毛ができる。うまくいけば、睡眠時に分泌される「成長ホルモン」と発毛成分の効果が、ダブルで睡眠中ずっと働き続けることになり、育毛効果が高まることもあるのだとか。寝ながら仕事はできないけれど、寝ながら育毛は可能なのだ!寝るだけでいいなんて、楽すぎる。育毛ライターという仕事柄、世に出回る育毛剤はいち早くチェックしてきた筆者。しかし、そんな都合のいい育毛剤があるのだろうか?

「寝ながら育毛」に最適な育毛剤

寝ながら育毛に最適なのが、ビタブリッドCヘアーというビタミンCを使った薬用の発毛促進剤。このビタブリッドCヘアーは唯一、効果が12時間と長時間続くことをうたっている。

通常の育毛剤は、塗ったら成分がすぐに頭皮に浸透するか、空気中に蒸発してしまう。しかしビタブリッドCを塗ると、ビタミンCが頭皮の皮脂や老廃物を交換で、ゆっくりじわじわと浸透していくのだそう。そのため、睡眠前に塗れば、寝ている間ずっと発毛促進成分が頭皮に浸透し続けることになる。

寝る前に早速使ってみた筆者。毎晩できる限りで、頭皮マッサージをして、有効成分をよく揉みこんだ。

育毛博士の育毛法7選を実践!半年後の頭皮の変化がこれ。

試しに、育毛博士の育毛法を毎日実践してみた。もう半年くらいが経つ。3万人の薄毛を救ったというのだから、効果が出ないはずはない!シャンプー時のマッサージをし、食事にも気を使い、深夜0時までには遅くとも就寝。もちろん育毛剤も使った。果たして結果は出るのか…?

育毛開始前の頭皮はこんな感じ。

↓↓↓ 

6ヶ月後。ちょっと密度が濃くなってる…?

朝晩必ず使ったわけだが、本当に効果があるのか…?と半ば疑問を隠しきれなかった。でも写真を撮ってみると全然違う。生えたのかどうかはわからないが、思ったよりも髪がしっかりして来た気がする。本数はともかく、1本1本の髪の太さが、太くなったというか。コシが出てきたというか。だからか、今まで地肌が見えていた部分が、密度が濃くなったおかげで、カバーされてきた気がするのだ。今まであらゆる育毛剤を試して効果がなかっただけに、ビタブリッドCヘアーを使ってからの変化には驚いた。

忙しい業界人にこそ選ばれている!

今回、育毛博士の方法を試してみて、こんなに変わるとは思ってもみなかった。薄毛が少し改善しはじめたばかりか、体調が良く、疲れが溜まりづらくなった気がする。すこぶる元気ってやつである。今回から使いはじめた育毛剤のビタブリッドCヘアーにしても、ここまで効果が出るとは思わなかったので、しばらく様子を見ながら使い続けてみたいと思う。各大御所芸能人も使っているのだそうだ。

食事も睡眠もシャンプーも、薄毛は複数のことが絡み合って要因となっている。生活習慣を改善しつつ、薄毛に良い方法を今後も探し続けたいと思う。それにしても、今回実践した板羽先生の育毛法は続けられさえすれば、効果は確実に出る気がした。この喜びを、ぜひ読者の方にも味わって欲しいと思う。

今回使用した育毛用品

ビタブリッドCヘアー

蒸気でホットアイマスク

クナイプ バスソルト

記/育毛ライター守谷
育毛博士の育毛法記事
提供/ビタブリッドジャパン

よく読まれています

Copyright© HIT CHANNEL , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.